With Any Music Logs

仕事が疲れた時か暇な時に楽器と音楽の事を書いています

Unique Melody Mini Mest レビュー


ご無沙汰しております。
久々に新しいイヤホンを買ったのと、あまりにもレビューがない製品なので書いておこうと思います

冬にFinal A8000を購入してイヤホンは満足していた(音質的には今も満足)のですが、最近コロナ影響で電車の窓が開いているため騒音が前以上にひどく
DD型では遮音性が悪く外音が入ってきてしまいます。
A8000購入時に今まで持っていたイヤホンをほとんど売ってしまったので
遮音性のいいイヤホンを1本買っておこうということで色々探しておりました。

(こんなの無理やり理由つけてるだけですけど。定期的に新しいもの欲しくなるのが沼じゃないですか。)

ポタオデ業界も数ヶ月追わないだけで新製品だらけで流行り廃りが激しいですね。
だからこそ楽しいのだと思いますがちゃんと追っている人はお金が大変そうです。 
 
試聴して面白そうな機種はたくさんあったのですが、
今回はあくまでサブ機で予算抑えめ(一般的にはキチガイ価格)の為
Dropなど海外サイトも含めて色々探し3機種まで絞りました。

HUM - Reference Monitor (中古70,000円強)
Lime Ears - Aether R (Drop $999.00)
Unique Melody - Mini Mest (Music Tech $599.00)

あー高い。普通試聴もせず特攻する価格じゃないですね。

できれば見た目もかっこいい Lime Ears Aether R が良かったのですが普通に高いし船便の関係で到着が9月頃予定。
とても待てないので今回は面白そうなUnique Melody Mini Mestに決定しました。

価格は$599.00ですが、Shipping Cost として+$50かかります。
DHL発送でアメリカから日本に2日くらいで届きました。

ケーブルはUM日本版と違い(?) 4 cords silver-plated cooper cable (銀メッキ銅線)で3.5mm と2.5mmを選べました。見た目はハイブリッド線ぽい2種のカラーが違うケーブルで編まれています。
アタッチメントを所持しているので今回は2.5mmを選択。
一点気をつけたいのはコネクタがqdc 2pinなところでしょうか。
オプションは他UM製品と似た様な感じですがこの価格でもしっかりDignis製ポーチが入っていました。作りがしっかりしているので地味に嬉しいです。
 
 シェルは昔のUMぽい見た目のカーボンシェルで独自オープン型BA × 3機 (低1+中1+高1)+ 骨伝導ドライバ × 1機仕様です。
オープン型BAはMirageMaven以降のUM製品に搭載されているやつですね。
メーカーが謳っているダイナミックぽさというのは正直よくわかりませんが…
これ3機に+骨伝導でBA3機のMirageより安いってどうなんでしょう、シェルの差か代理店価格の差かな。

音質について。
視聴環境はN6 ii T01 直挿しでケーブルは純正(銀メッキ銅線)、昔買って残っていたNOBUNAGA LABS 朱雀、
 qdc 2pin → mmcx 変換コネクタでシルバーコートケーブル (3.5mm)の3パターンで試聴してみました。

音量は室内で15/100程度だったのでスマホでも音量はとれそうです。
問題の遮音性は上等。(良かった…)
窓を開けた電車内でも周りの音を気にせず音楽に集中出来ています。

基本的にはBAらしい音で近めの鳴り、バランスはフラットで尖りのない柔らかい音です。ちょっとWestoneぽいかも(?)ですが篭もっている感じはしません。
解像度は曇りも各楽器の被りも少なく良好で特にボーカルが綺麗ですが低音の量感は個人的には十分ですがもう少しキレがほしいところ、あとはシンバル類など金物の表現が雑かなと感じることがあります。
定位もそこそこ良好で奥行きよりは横方向での定位を感じますが、3BAだからか細かい音の定位は多ドラとかに負けると思います。
音場は各音に耳を傾けると3BAらしい狭さなのですが骨伝導ドライバの効果か頭蓋骨全体で鳴っている様な感覚で普通のBA型イヤホンとは異なります。
多ドラの様な情報量で無理やり空間を作るでもなく、
DD型の様な空間を感じられるでもない不思議な感覚です。
頭蓋骨ホール的な。(?)

ケーブルは純正だとちょっとドンシャリ気味で特にハイハットの鳴り方が気になったので Final シルバーコートケーブルに変えてみたらハイハットのハイが気にならなくなった上に空間も広がって良い感じになりました。そこまで高くないのでおすすめです。あと、朱雀は単純にいいところがなくイマイチでした。
 
上位機種 Mestとの主な違いは縦への音場の広がりが少ない、EST非搭載で高域が伸びきらない、解像度が劣る点でしょうか。
その分 Mini Mest はBAのみでシンプルな音になっていると思いますが、骨伝導を搭載することで今までのBA型イヤホンとは一線を画していると思います。普通の3BAだったら狭苦しくておもんな!みたいな音になると思うので骨伝導搭載は個人的に正解だと思いました。

音楽ジャンル的には速度の早いロックよりポップス、ジャズあたりとの相性が良いです。
特にSigur RosKyte、ikkubaru、君島大空の様なポストロック、シティポップには最高です。浮遊感のある音楽と骨伝導の響き方の相性がばっちりです。
ボーカルだけでいえばA8000よりも綺麗なのでアニソンや声優ソングをよく聴かれる方にも良いと思います。こちらの方が良いという方も一定数いるのではないでしょうか。

骨伝導は新しい感覚で面白いですし、音も良いので買って良かったといえる製品でした。
個人的には価格は安いですが同メーカーのMacbethやMirageより好きです。MaverickMavisあたりになるとちょっと考えますが。

正直10万なら色々な選択肢があるので買わないと思いますが、Around 50kであれば全然選択肢には入ります。
5BA+骨伝導とかで作ってくれていたらとても良いものが出来たかもしれない。しらんけど。

色んなオーオタに聴いて評価してもらいたいけどこの状況じゃあ難しいかなあ。  とにかく情報の少ない製品ですので参考になれば嬉しいです。

2019年に聴いた音楽とか

だいぶ放置しておりました。
仕事の合間に書いてたりするので書けないというのは忙しかったという事です。多分。
本当は日記の様に毎日書きたいんですけど仕事と家の往復ではあまり書くこともないですし。

とりあえず2019年も終わってしまったので
今回は2019年によく聴いた音楽をまとめてみます。
2018年は楽曲派アイドル祭りだったのですが
2019年はバンドとかジャズとか色々聴いておりました。
ざっと聴いたアーティストトップ10を。(他にも色々いるはずですが思い出せない)

1.CRCK/LCKS
2.君島大空
3.RYUTist
4.King Gnu
5.JYOCHO
6.Maison book girl
7.CLNP4
8.Answer to remember
9.Stella Donelly
10.羊文学

2019年を一言でまとめると石若駿周りを聴いておけば間違いないという事です。
1月にCRCK/LCKSのライブを観に行ったら一発で彼のドラムにやられてしまい、そこから漁るように。
今飛ぶ鳥を落とす勢いのKing Gnuも前身バンドのドラムは彼ですし
今年はポップシーンでも更に見るようになると思います。(今もくるりとかやってますし)

これも石若駿関係なのですが、昨年知って一番ハマったのがSSWの君島大空です。
知った時は1枚目のミニアルバムがでたばかりで、
すごい良い曲を作る若手がいるな~って感じでしたがフジロックのライブ映像で完全にやられました。
バンドメンバーが、Gt. 西田修太、Ba. 新井和樹、Dr. 石若駿とジャズ界隈の激ウマ若手揃いで
これがルーキーステージに出演してるのはチートすぎました。
その他のアーティストもテクニカルなアーティストが揃ってあまりロックを聴かなくなったな~と染み染みします。
2017(6?)頃は迷走しまくってたし2015はアニソンばかり聴いてたのにわからんものです。
2020年も色々な音楽を聴いていきたいです。

今年も宜しくお願いします。

次はオーディオ関係↓

Tweedees × ikkubaru × RYUTist ライブ

先日、Tweedees × ikkubaru × RYUTist の3マンライブを観に行ってきました。
もうなんというか幸せ空間って感じで素晴らしかった…
先週行った下北沢サーキットイベントみたいなのも嫌いではないのだけど
昔と違ってロックのノリが好きではないのでゆっくりと音楽が聴きたいって感じです。
(おっさんになったという事かな…オタク時代は猿の様に暴れていたのに)

本当全アーティスト良すぎたのでちょっと感想を。

1. RYUTist
一言でいうと感動して泣きそうになりました…
今新潟のアイドルが悪い方で話題になりすぎていて
もう新潟は行かないとか、こんな人間ばかりとか言われていて、
今は住んでいませんが地元をああ言われるのは悲しかったです。

所謂ロコドルなので大手のフランチャイズグループの様にお金や力はないのだろうけど
NegiccoとかRYUTistの様に地元を大切に活動しているグループはとても応援したくなります。
曲いいし、ダンスや歌もうまいし。
あのほんわか和やかな感じは東京のアイドルではでないよなと思いました。
また観に行きたい。というか行くの決定してる。
 

 

2. ikkubaru
実は2回目。前にTweedeesのライブ行ったらたまたま出てました。
前観たときはギター2本だった気がしますが今みたいにシンセ多めの方がいいな。
あの浮遊感溢れる80年代シティポップサウンドはとても心地よくて好きです。(達郎みを感じる)
コラボ無重力ファンタジア最高でした。
あとジョカノがドハマリしました。

3. Tweedees
2年ぶりくらいに観に行きました。
前回はギターなし編成だったのですが今回みたいにギターいた方がいいね。
相変わらず曲はめちゃ難しいのにドンピシャであっててくそうまい。
曲も昔の曲をやってくれてよかったです。(新しいアルバム聴かないと)
これまたコラボの青空シグナル最高でした。
両竿の暴れ方が非常にかっこよかったです。

ぜひまたこの3組でやってほしいと思います。

(シンリズムもみたいので4組もいいかな) 

Uniquie Melody Mavis Ⅱ

先日の1216.ears 12BAの到着の1ヶ月程前に
Unique Melody Mavis Ⅱを購入しておりました。
その前のメインがUERRで確かに平面的なのでモニターはしやすいのですが
イマイチ空間が狭く、もっと広い音で聴きたいと思ったのが購入のきっかけです。

このイヤホンに関してはたくさんレビューがあがっているので簡単に音についてだけ書きます。
視聴環境はPlenue2 + Wagnus Spider Lily or Effect Eros Hybrid です。
BA2、DD2のハイブリッド型ですが、低音の量は少なく、
やはり特筆すべきはDD2機を積んだ空間表現だと思います。
ここが普通のD型とも違いかなり独特なので人を選ぶかもしれません。
中域(ボーカル域)が近くて綺麗という人もいますが僕の視聴環境の関係(?)からか
結構遠目で球の真ん中から聴こえてくる感覚です。ライブハウスとかで聴いている様な。
あとギターの聴き取りやすさは一品です。個人的にはこの帯域が一番聴き取りやすいと思います。
空間系のエフェクターが立体的な空間系の鳴り方をして良いです。(ギタリストおすすめやで笑)
解像度や定位感も悪くないですが、同メーカーのMaverickやMasonⅡに比べるとちょっと劣るかな。
これを補って余りある空間の表現があるのでここは仕方ありません。
合うジャンルはジャズ、クラシックあたりかなと。(ロックやポップスも面白い鳴り方をしますが)
Mavis というのはウタツグミという意味だそうですが個人的にはガッキツグミだと思います笑
いいイヤホンだとは思いますが、普段外でしか音楽を聴かないのでこの空間表現の良さがでません。
なので家でゆっくり音楽を聴く様な人にはおすすめです。
Mavis Ⅱ並の空間とMaverickⅡ並の表現力を両立したイヤホンがでたらめちゃほしい。
新しくでたMAVENはここまではならなかったので次の製品に期待。(Maverick Ⅲになるのかね)

今あまり出番がない為ラクマ出品中です。
興味ある方はぜひ笑
  

1216.ears 12BA Soul (魂)

1ヶ月程前になりますが、
1216.ears 12BA Soul (魂)イヤホンが香港から届きました。
他の方と違い締切から半月後くらいに注文したので待ち時間は短い方でしたが
それでも2ヶ月弱待ってようやく到着。(他の人は3ヶ月くらい?
なんでも一度製作したのをチューニングし直したそうな。
とりあえず無事届いてよかったです。

福袋企画の目玉商品だった12BAですが
注文が遅かったせいもあり最初から12BA確定という事を知っておりました笑(ほしいな~~って言ったら全員12BAだよと笑)
価格は8万円でイヤホン+純正ケーブル+アップグレードケーブル2本(僕はなぜか1本でした…)

 
外見と装着感について。
色は福袋のためランダムで自分の個体はクリアのエメラルドグリーン的な色でした。悪くはないのですがTwitterを見るとラメ入りのピンクとパープルで左右色違いなんかもある様です。正直めっちゃ羨ましい。かわいい。
イヤホンにファッション性を求めない方もいますが個人的にはかなり重要。
(UE Live (初期)とかFlipears なんかのカラフルデザインめちゃ好きマン。
あと左側に魂って漢字で書いてあります。(これはいらない)
装着感はかなりよく、手持ちのUERRやMavis Ⅱよりも小ぶりで耳への収まりが良いです。あとはアクリルが少し厚いかもしれません。
  
 
次に音。

<視聴環境>
DAP - Plenue2直挿し (ほぼバランス接続)
ケーブル - Melidian、Hybrid Standard、ブルガリアビンテージワイヤーなど。

<視聴楽曲> *Losslessかハイレゾ
CRCK/LCKS - 窓
JOCHO - 美しい終末サイクル
Ai Kuwabara - the window
PEDRO - GALILEO
Radiohead - Karma Police 
ZOC - family name
岸田教団&The 明星ロケッツ - GATE ~それは暁のように 
南端まいな - センチメートル
ヒトリエ - カラノワレモノ

こう見ると女性ボーカル曲ばっかりやな…
 
12BAですが音量はかなりとりやすく、あまりパワーのないDAPですが音量50程度でちょうどいいです。外だと55~58くらいですが友人によく音量でかいと言われるので50くらいで十分かと思います。(ドラムもやるし難聴まっしぐらです…)
肝心の音ですが基本的に柔らかめで音に丸みがあり全体的に音近めBA型らしく平面的な感じで音場はそんなに広くないですが解像度が高いので周りの空気感までしっかり再現できてます。丸い音なのであまり聴き疲れしません。(ケーブルにもよる)
公式や他の方も謳っている様に低音の量感は凄まじく、特にベースの押出しが強いです。後ろで鳴るよりは前に前にという感じですが不思議といい塩梅です。(Sonionの新作を低音に使用しているとか)
こいつのせいで低音の量感覚がバグり他のすっきり系イヤホンだと物足りなさを感じるようになってしまいました。
ダイナミック型の広がる低音とは違い、BA型の輪郭がしっかりしていて更に量感がある感じです。(エフェクターでブースターかけたみたいな)ベースコピーめっちゃしやすいと思うのでベーシストはぜひ笑
低音強調系イヤホンではありますが解像度が高いので他の帯域もしっかり聴こえます。高音が刺さってくる感じはまったくありませんのでぶっ刺さり系が好きな人はダメかと。(あれ好きな人たち耳痛くならないんですかね…僕IE800やAndromedaでも相当辛いんですが)ちょっと高音は丸くなりすぎて伸びきらない感じはあります。
ちなみにイヤホン興味ない人たちに聴かせると手持ちの中では一番評判がいいです。
 
基本的になんでもいけると思いますが音数の少ないポップスやロックなんかは一音一音がリアルでボーカルとのバランスも良く特におすすめ。ダメなところは時々ジャズのウッドベースエレキベースみたいになることがあります。
正直きてから1ヶ月くらいは微妙だな~と思っていたのですがイヤーピースをSednafitにしたら音が化け中高音の解像度が段違いになりました…絶対Sednafitに変えましょう。
あとケーブルですが、ハイが弱いので銀線で伸ばしてあげたら確かに上はいいのですがなんともいえない音になりました…この丸みのまま解像度をあげてあげるのが良いと思い、今はWagnus Meridianを使用中です。最近発売されたNOBUNAGAの金メッキなんかも合いそう。
 
JH Audio、Unique Melody、Aroma等有名メーカーから色々な多ドライヤホンがでておりますが余裕で倍以上の値段するので、スペックや音を見てもこれで8万(通常価格は14万)は格安です。他の1216.earsの機種もいくつか聴いてみましたが圧倒的にこれがベストでした。お金と時間に余裕があればぜひ買ってみてください。ただ、一度試聴をおすすめします。

いと思います。

2018年総括(機材編)

早いものでもう年の瀬ですね。
短い様で色々あったので機材関連で色々まとめてみます。

まずはドラム関連。
今年は比較的買い物は少なかったと思います。
逆に使わないなあって売ってしまったのが多いです。
現状スネアもシンバルもペダルも満足しまっています。
今のメインですが、前から全然変わっていません。
特にスネアはかなり満足してしまい新製品がでてもどうでもよーって感じです。

riddim #11
Agean Extreme 20ride
Agean Special Jazz 13hihat
Agean Extreme 18crash
Agean Custom 18crash

最近はあまり使う機会がありませんが、
先日ポップスバンドに誘われたので来年初めあたりから始動すると思います。


オーディオ関連ですが、
DP-X1AとUERRでかなり満足していたのに故障を期に一気に変化がありました。

プレイヤーがWM1A~PLENUE2に。
イヤホンはメインは変わらずUERRですが、POLARIS、IE800と
世間一般的には十分オーオタとされる感じになってしまいました。
僕はほぼ外でしか音楽を聴かないのでアンプ系は(まだ)手をだしていません。
あと最近ケーブルをWagunus meridian にしました。
説明のとおり全体が底上げされる感じで解像度も高く非常に満足しています。
満足しているくせに次が欲しくなるのが悪いところです。
(次は1216 ears. あたりかなと…)

散財に散財を重ねていますのでそろそろ自重していきたいところです。
来年の目標も今年と変わらず貯金ですかね。

Campfire Audio POLARIS

先日の記事でORIONを売った話しをしましたが、
そこでちょっと触れた新しいイヤホンが届きました。
同じく、Campfire Audio POLARISです!!
発売当初に聴いて気になっていたのですが、
その日に中古LYLAⅡがまさかの5万以下だったのでそちらを買ってしまいました…
今思うとこいつも良かったのですが、以前書いた様にUERRを買うためにすぐ売ってしまいました。

で、POLARISですが、
まずなんといっても見た目がかわいい事ですよね。
青と黒のツートンカラーはかなりいい感じです。
僕の周りでは女子受けもいいんですが、
レビュー見ると微妙という人が結構いました…
男女問わない良いデザインだと思うんですけどね。

今回中古で購入したのでALOケーブルが付いておりませんでした。
CAの中古品はケーブルなしが多いですね。
まあ、良いケーブルなので手元に置いておきたいのはわかりますが。
ちょうど家にあったのが中国製の安い銀メッキバランスケーブルと
estron G2 Music 3.5mmしかなかったのでこれで聴いてみました。

中華銀メッキはちょっとハイがうるさく、低音が弱くなったなあという感じでしたが、
バランス接続の影響で分離感は良くなって空間は広がった印象です。

estron Music はケーブル自体の特性でもありますが、
かなり透き通った音になり、低音が弱めになります。
空間が広い感じはするんですが声も遠くなるので
結構細かいニュアンスが聴こえなくなる部分もありました。

このどちらかならestronかなという事で今は使用しています。
軽すぎて通勤中めちゃ楽という理由もありますが。

この2つのケーブルを聴いていて思ったんですが、
POLARISは公式も言っている様に銅線があうんじゃないかと思います。
元の音が銅線で弱ドンシャリなのでこれを素直に鍛えてあげるのが一番良いのではないでしょうか。
セールになっていた事もあり、中華の偽キンバーケーブルを買ってみましたので
時間があれば感想も書きたいと思います。