UERRリケーブル

先日戻ってきたUERRの純正ケーブルが早々に断線しました…
そうなるとリケーブルしか手はないんですが、
UEカスタム系はケーブルの選択肢が少なすぎですね。
しかも高い。
最近は同型のqdc Neptuneのおかげで結構盛り上がってるらしいんですが、
MMCXと比べるとまだまだ少ないのが現状です。

で、安めのケーブル(とはいえ1万程度はしますが)でいくつか目星をつけて
いつものeイヤホンへ試聴しに行きました。

まずひとつ目はNobunaga labs.の白虎。
1万切るしせっかくならバランス化したいな~と思い選びましたが
イマイチ高音がキツくなりすぎてバランスが悪い…
あと、バランス化してるのに音場が狭くなっている感じをうけました。

2つ目はWagnusのWater lily。
価格が倍なので悩みましたがこれも候補に。
ネットではかなり評判がいいみたいですね。
シリーズ全部聴きましたがかなり音変わって面白かったです。
個人的にはwater lilyが一番解像度が高くていいなあと思いました。
確かにいいんですが、倍額だしてまでの差があるかなあというのも確か。

で、最終的に選んだのが、中古5000円くらいで置いてあったNobunaga labs.の玄武。
上に書いた白虎の3.5mmアンバランスver.のケーブルです。
安かったので聴いてみたところ、解像度は上がるし他のケーブルと比べてバランスが崩れない…
ということで閉店ぎりぎりに買いました。
まだ、そこまで聴き込めてませんが価格考えると相当コスパ良かったと思います。
ただ、どのケーブルも純正ケーブルと比べると音が近くなって音場が狭く感じますね。
もっと上の価格を聴けば変わるんでしょうけどお金がねえ~…

なんやかんやでこのケーブルは純正でのバランスがベストなのかもしれませんね。