セルフレコーディングしてきた

お久しぶりです。
結局こっちに戻ってきました。

最近は新潟に帰ったりM3の準備をしたりと色々忙しいです。
めっちゃ寝不足。

今回のM3出展にあたってドラムをセルフレコーディングしたんですが、
まぁ難しいですね…リズムのヨレだったり音粒だったり…
いい練習になるので今後も定期的に録音はしていきたいです。
あと、生ドラムのMIXが難しすぎる。
録音環境、編集環境の差もあるんでしょうけどまったく自然な音にならないですね。
誰か教えてください。

で、今回急なレコーディングだったのでスネアとハイハットだけ持っていって
あとはスタジオ常設の機材を使用したんですが、
やっぱりLM400は使いやすいのと、Agean Special Jazz 13ハイハットのマイク乗りが素晴らしいです。
Ageanのマイクのりが良いというのは他の人からも聞いていたのですが、
実際に録音すると逆にハイハットだけヌケの良い音で録れちゃって浮いてました。
他はAAとかByzence dark です。(やっぱスタジオ常設機材は音が硬い…)
プロでも15インチ以上の大口径が流行ってますけど13インチのキレの良さとか軽快さもいいです。
軽いし。(重要)
今後暫くは13を使っていこうと思います。