CANOPUS BR-1455

前回の記事に書いたCanopusのBR-1455を何回か使用したのでレビューでも。

購入した際はスナッピーがPearlだったのでこいつをPuresoundの24本に変更しています。

ピュアサウンド安くていいよね。本当はCanopusのビンテージワイヤーを付けたいところだけど持っていないので…

肝心な音の感想ですが、

①まず音がでかくてぬける。

この辺は24本スナッピーの影響もあるかも?パコーン!って感じ。

公式サイトによるとインナーの木材を縦目にしてるかららしいけどさすがにそこまでは見てない。

②アタック感も強めで5.5インチだけど低音が多い。

低音はまったく不足感はないですね。ハードなロックでも全然使えそう。

逆に高域はちょっと弱いです。

③音は輪郭は丸め

この辺りは用途と好みですがちょっと音は丸めです。まだヘッドを替えてなく使い古されたツルツルなヘッドだから多少は変わるかも。

④打感

8テンションのおかげか結構スティックが食い込んで気持ちいい。

適度はリバウンドもあって個人的には好きな感じ。

⑤結論

いいスネアだと思います。ロックもジャズもいけるオールラウンダー。

佐野康夫さんも使っていた名機ですし他にも使ってるプロの方は多いですよね。

メイプルじゃ軽すぎるけど金属じゃダメって人にいいと思う。

同じバーチで刃シリーズがでてるけどどう違うのか気になる。

あっちも評判いいみたいですし。

しばらくはメインになりそうです。(SONOR売ろうかなぁ…)