With Any Music Logs

仕事が疲れた時か暇な時に楽器と音楽の事を書いています

Campfire Audio POLARIS

先日の記事でORIONを売った話しをしましたが、
そこでちょっと触れた新しいイヤホンが届きました。
同じく、Campfire Audio POLARISです!!
発売当初に聴いて気になっていたのですが、
その日に中古LYLAⅡがまさかの5万以下だったのでそちらを買ってしまいました…
今思うとこいつも良かったのですが、以前書いた様にUERRを買うためにすぐ売ってしまいました。

で、POLARISですが、
まずなんといっても見た目がかわいい事ですよね。
青と黒のツートンカラーはかなりいい感じです。
僕の周りでは女子受けもいいんですが、
レビュー見ると微妙という人が結構いました…
男女問わない良いデザインだと思うんですけどね。

今回中古で購入したのでALOケーブルが付いておりませんでした。
CAの中古品はケーブルなしが多いですね。
まあ、良いケーブルなので手元に置いておきたいのはわかりますが。
ちょうど家にあったのが中国製の安い銀メッキバランスケーブルと
estron G2 Music 3.5mmしかなかったのでこれで聴いてみました。

中華銀メッキはちょっとハイがうるさく、低音が弱くなったなあという感じでしたが、
バランス接続の影響で分離感は良くなって空間は広がった印象です。

estron Music はケーブル自体の特性でもありますが、
かなり透き通った音になり、低音が弱めになります。
空間が広い感じはするんですが声も遠くなるので
結構細かいニュアンスが聴こえなくなる部分もありました。

このどちらかならestronかなという事で今は使用しています。
軽すぎて通勤中めちゃ楽という理由もありますが。

この2つのケーブルを聴いていて思ったんですが、
POLARISは公式も言っている様に銅線があうんじゃないかと思います。
元の音が銅線で弱ドンシャリなのでこれを素直に鍛えてあげるのが一番良いのではないでしょうか。
セールになっていた事もあり、中華の偽キンバーケーブルを買ってみましたので
時間があれば感想も書きたいと思います。

 

Campfire Audio ORION CK

最近アクセスがちょっと増えてますが、
他の方のちゃんとしたレビューみたいなのではなく
ただの個人的な感想を書いているだけなので心配です…

さて、久々にイヤホンを衝動買いしてしまいました。
今日届く予定なので、それについては届いてから書きますが、
実はその前にもうひとつ衝動買い→友人に売却をしたイヤホンがありました。(この間3日)
Campfire Audio ORION CKです。イヤホン好きにはとても有名ですね。

音は今までのUERRで満足していたのですが、
バランス化をした事でスマホで音楽を聴けなくなってしまいました。
ケーブルを持ち歩いても良いのですが、2pinはあまり抜き差ししたくないので…

手軽にある程度のものを買おうと思いメルカリを見ていたら状態の良いORION CKがありました。
しかし、CAMPFIRE製品の出品はALOの付属ケーブルがないものが多いですね。
まあケーブルは単独でもかなりいい値段しますし、モノとしても使えるので仕方ないですが。
で、泥酔状態だったので勢いで購入。

 


届いて早速聴いてみたのですが、率直に評価されている程良いとは思いませんでした。
(個人的な見解なのであしからず) 
見た目はとても良いです。角々のアルミハウジングも収まりいいですしかっこいいと思います。

再生環境はDP-X1A直挿しです。
イヤピースはFinal Eタイプを使用しました。

音ですが他の方も話されている様に1番前にボーカルがきてその後ろに楽器隊がいる感じ。
ただ、思ったよりも低音はでてました。
全体的に音は近めに感じましたが、そのせいか空間は狭い気がします。
ボーカルやピアノのバラードはキレイに聴こえましたが、
ロックとかは音がゴチャゴチャして聴きづらいかなと…
アイドルや声優が好きで、声を一番に聴きたい!っていう人にはとても良い機種だと思います。

再生機の問題もあると思いますが、この辺りはシングルBAなのかなー
新品4万円以上はちょっと高いかなというのが正直なところです。
シングルBAで全帯域をカバーしようとするのは難しいと思うので、
F7200みたいに中高音に特化してた方が僕は好きです。
新品で同じ価格帯ならJHのMichelleやBillie Jeanを買うかなあ。
まあ、この辺りは音の好みがありますので人それぞれだと思います。

というわけで、ORIONは早速嫁いで行かれました。

スネア歴②


スネア遍歴の続きです。

YAMAHA AMS1460
ヤマハの現行タイプのメイプルです。
初期型のメイプルカスタムに憧れがあったのですが
とうに生産は終了していて中古も人気で手に入りづらかったので
現行のものを購入しました。
メイプル材の真ん中に硬いウエンジ材というものを挟み込んでいて
普通のメイプルよりもちょっと固くて芯のある音がします。
そのせいかかなりまとまった音がします。
個人的にはもう少しオープンに鳴ってほしいなという感じです。
アルミダイキャストのおかげか10テンションなのに
タッチ感が柔らかくてめちゃ好きです。
困ったらこいつみたいな感じで使っていましたがこの間友人に売ってしまいました。

 

⑥SONOR SQ2 heavy maple 14×6.5

SONORのオーダーモデルです。
YAMAHAでも音は納得していたんですが、
知り合いにスネア何使ってると問われた時に
つまらんな~~~と言われた為ムキになって買いました笑
その知り合いがSONOR Delite メイプルだったのでそれ以上ものをと笑
といっても中古で買ったので10万円しないくらいで買えました。
SQ2は新品で買うと高すぎて手がでません。
これを買う時にPhonicとも悩んだんですが、
こいつの鳴りが圧倒的すぎたのでこちらを選びました。
とにかく音がでかくて縦にぬける、いわゆるいい音っていう感じです。
ただ、よく言われている様にスネアだけセットから浮いてしまって
おかしなバランスになってしまうのでなかなか使えず、
結局1年くらいで売ってしまいました。
これもほぼ原価くらいで売れたのでそれはそれで良かったです。
持ってたら自慢できるし、とてもいいスネアでした。

 

⑦Ludwig LM400 (90年台モデル)
これも言わずとしれた名機です。
Canopusで中古セールをしてたので思わず買ってしまいました。
金属だけど柔らかくていい音ですよね。
ロックのライブとかで重宝していたのですが、
あまりにも対バンの人とかぶりすぎて嫌になってしまい
金欠時に売ってしまいました…
習っていた先生が言っていたのですが、
買う→良い→飽きる→売る→また買い直すを繰り返すスネアらしいです。
定番ってそういうものなのかもしれませんね。


⑧Ludwig Classic Birch 14×6.5
今は廃盤になっているモデルです。これも中古で買いました。
バックビートでは芯のある低音のきいたいい音がしていましたが、
如何せん反応が鈍いため扱いずらく、何回か使ってすぐ売ってしまいました。
ロック系にはいいスネアだったと思います。
某ショップでは低価格でいいスネアの扱いでしたが、
僕はPearl、YAMAHA、Canopusの方がいいと思いました。

 

⑨Canopus The Birth 14×5.5
この時期に佐野康夫さんにハマり、昔使っていたという事で買いました。
MOと一緒で中古でかなりの数がでているので安く買えますね。
この頃個人的にバーチブームでした。
音は結構オープンで音量もでますが、バーチなのでちょっと暗めです。
個人的にはMOよりも好きなスネアで今でも手元に残っています。
あまり出番はありませんが…

 

⑩Shirai Keet SD-1445
廃盤になっているオリジナルキートスネアです。
ネギドラムが作っていて材はアガチスという南洋材です。
どうやらこの材が安いらしくキートドラムも基本安いです。
かなり薄いシェルで柔らかくて広がる音がします。
メーカーはアコースティックをうたっていますが
エレキでもいけるんじゃないかと思います。
音が特徴的なので出番が限られますが見た目がとても好きです。
これも手元に残っています。

 

YAMAHA Copper 14×6.5
これも廃番になっているYAMAHAのコパースネアです。
これはヌーボーラグのモデルでちょっと扱いが難しいかもしれません。
音はコパーなので金属だけど柔らかい音がします。音量はかなりでます。
難点は重量でかなり重いです…リュックタイプだと肩が死にます。
ベルブラスとかくそ重いスネア使ってる人はすごいなあとつくづく思います。
持ち運びがダルい為あまり使っていませんが、
9mmのかみじょうちひろさんが今でも使っているらしいです。
昔だとジミー・チェンバレンが使っていたらしいのですが、
今はDWに移籍しており不明です。

 

Riddim #11 Maple 14×5.75 
最近超お気に入りのスネアです。
オーダースネアで他にもいっぱい記事書いてます。
色がSky blue in winter (水色)という色でめちゃかわいいです。
音は低音でてぬけます。反応が早くて重くもないし最高です。
これを手に入れてからは特にスネア欲がなくなってしまいました。
他の人が持っていないしかわいいので所有欲が満たされるんだと思います。
こういってはあれですが、カラーオーダーしても値段が変わらないので皆買えばいいと思います笑

 

後半がめちゃ長くなってしまいました…

スネア歴①

1年前のブログとかを読み返してみると機材買いすぎですよねえ…
ちょっと今まで買ったスネアをまとめてみました。

①Pearl チャド・スミスモデル 14×5
高校生の時、文化祭のライブでるぞ~~~
どうせなら自分のスネアほしいぞ~~~って買ったモデル。
今でも実家に眠ってると思います。
言わずとしれた名機なのでこっち持って帰ってきて叩きたいかも。
当時は何もわからず、カタログ見てかっこいいし安い!ってだけで決めたんですが
結構良いチョイスだったかもしれません。
思えばスチールを買ったのはこの機種だけですね。

②Pearl UC1450
またPearlでウルトラキャストです。 
当時ニコニコ動画で流行っていたインテル王子が使ってて買いました笑(6.5インチの方)
実は高校の先輩で当時は王子ではなく神と呼ばれていました。
スネア自体はとてつもなく音がでかくて音抜けがよかったです。
そのかわりにサスティーンが長く金属的な音が長く響くのでチューニングに苦労した覚えもあります。
友人たちからの評判はかなり良かったです。大学時代はこのスネアしか使っていませんでした。(お金なかったのd)
とても良いスネアでしたが金欠の時に売ってしまい今は手元にありません。

 

③Canopus MO1455
これまた定番モデルです。
社会人になったばかりの時木胴スネアに憧れて買いました。
ちょうどCanopusの人気がで始めた位だったかと思いますが、
いつもお世話になっているイケベ秋葉原でおすすめされて購入しました。
結構丸い音で意外と低音がでていたと思います。
今思えば付属のCanopus Vintage wire がかなりよかったのかと。
8テンションで叩いた感触が打面に食い込む感じが好きでした。
ポップスにはかなり合うと思いますがロックはちょっときつかったかなあ。
これも他のスネアを買った為売ってしまいました。
(物に対する執着が薄い)

④Canopus TT1460
Canopusから限定発売していた玉田豊夢シグネチャーモデルです。
今ではかなりレアで中古でも高値で取引されてますね。
メイプルとバーチのハイブリッドシェルで6インチです。
メイプルとバーチの混合シェルはあまり見ませんが
個人的にはちょっとチューニングがしづらい印象でした。
音もキマるところではキマりますが、あまり好きな音ではなかったなあ…
中古で売ったら買値より高く売れました笑

 

とりあえず前半はここまで。

riddim スネア感想

なんか急に恥ずかしくなってブログ名変更しました…
18の時に付けた名前でちょうど10年の区切りだからいいよね。
(ちなみに名前変えたらアクセス数減りました)

さて、スネアの話しですが、
先日オーダーしたriddim #11も結構色々試して色々とわかってきました。
とりあえず、

・チューニングレンジが広すぎ
・ローがやばい
・反応が早い

買った時店員さんに他の個体よりもいいと言われましたがようやく分かりました。
確かに他の物よりもローがでてファットな感じです。
下手な6.5インチよりもローがでるし、厚さがない分反応が早いです。
ロックもいけるしジャズもいけるし、かなりオールマイティなスネアだと思います。
ただ、やはりメイプルなので柔らかさはないかなという感じです。

音も見た目も大満足で飽きません。
いつもは買った時点がピークですぐ次のが欲しくなるんですけどね…
とりあえず、皆買うべきだと思います笑

 

フィロソフィーのダンス

仕事疲れたのでブログ書いてます…

久々に聴いている音楽の話しです。またアイドルですけど。
というか最近アイドル、ポップス、ジャズぐらいしか聴いてません。
なぜかロックバンドは全然聴けなくなりました…
アイドルのロックサウンドとかなら聴けるのになぜですかね…

で、最近聴いているというアイドルですが
フィロソフィーのダンスというグループです。めちゃ有名です。
以前も楽曲派アイドルの記事を書きましたが、
BiSH、Maison book girl、ヤなことそっとミュートとやはり有名どころばかりでした。
でもやっぱり売れるには理由があると思いました。
他にも楽曲派と呼ばれるアイドルは聴きまくりましたが、やっぱり曲が弱い気がします。
(どこのグループとは言いません)
バンドサウンドなのにばりばり打ち込み感あるとかめちゃ萎えますよね。
僕みたいに曲有りきで聴くのは邪道なのかもしれませんが、
もうアイドルは普通のアーティストとして見られる領域に入ってきてる様に感じます。
楽曲派を謳うなら曲のクオリティにはこだわってほしいです。

フィロソフィーのダンスというグループですが、
単純に言うとソウル、ファンクです。
僕はファンクで聴くのはEW&F、TOPくらいですが、
これだけでもわかるオマージュがあって面白いです。
わかりやすいのだと”はじめまして未来”とか、完全にSeptemberです。


フィロソフィーのダンス 「はじめまして未来」


SEPTEMBER / Earth,Wind & Fire


あと、PVもオマージュ感満載なのがあるんですが、僕はこの曲でハマってしまいました。


フィロソフィーのダンス/ ダンス・ファウンダー(リ・ボーカル&シングル・ミックス)


アイドルまったく興味ない友人がヘビロテするくらいサウンドもかっこいいしキャッチー。
本当クラウドファンディングで投資してくれた人には感謝しかありません。
ちなみにフィロソフィーのダンスも管楽器は打ち込みだと思います。
もっと売れたら更にクオリティの高い曲を聴いてみたいです。
あと、ライブ・ライフはグループごと好きになるから見て。


フィロソフィーのダンス/ライブ・ライフ

UERRリケーブル(追記)

先日戻ってきたUERRの純正ケーブルが早々に断線しました…
そうなるとリケーブルしか手はないんですが、
UEカスタム系はケーブルの選択肢が少なすぎですね。
しかも高い。
最近は同型のqdc Neptuneのおかげで結構盛り上がってるらしいんですが、
MMCX等と比べるとまだまだ少ないのが現状です。

で、安めのケーブル(とはいえ1万程度はしますが)でいくつか目星をつけて
いつものeイヤホンへ試聴しに行きました。

まずひとつ目はNobunaga labs.の白虎。
1万切るしせっかくならバランス化したいな~と思い選びましたが
イマイチ高音がキツくなりすぎてバランスが悪い…
あと、バランス化してるのに音場が狭くなっている感じをうけました。

2つ目はWagnusのWater lily。
価格が倍なので悩みましたがこれも候補に。
ネットではかなり評判がいいみたいですね。
シリーズ全部聴きましたがかなり音変わって面白かったです。
個人的にはwater lilyが一番解像度が高くていいなあと思いました。
確かにいいんですが、倍額だしてまでの差があるかなあというのも確か。

で、最終的に選んだのが、中古5000円くらいで置いてあったNobunaga labs.の玄武。
上に書いた白虎の3.5mmアンバランスver.のケーブルです。
安かったので聴いてみたところ、解像度は上がるし他のケーブルと比べてバランスが崩れない…
ということで閉店ぎりぎりに買いました。
まだ、そこまで聴き込めてませんが価格考えると相当コスパ良かったと思います。
ただ、どのケーブルも純正ケーブルと比べると音が近くなって音場が狭く感じますね。
もっと上の価格を聴けば変わるんでしょうけどお金がねえ~…

なんやかんやでこのケーブルは純正でのバランスがベストなのかもしれませんね。

 

-----------------------------追記---------------------------------
以前この記事で玄武に替えたと記載しましたが、
その後バランスの白虎、朱雀にリケーブルしました。
やっぱりバランスは分離感が違いますね…それによって空間も…
eイヤホンも結構騒がしいですから正確な判断が難しいのかもしれません。
今4.4mmの朱雀なんですが、正直もっと解像度を上げたいので
他のケーブルに変更するかもしれません。
沼怖いなあ…そのうち自分でケーブル作り始めそう…